前へ
次へ

一般的な不動産投資の利益のあげ方

一般的な不動産投資の利益のあげ方は、例えばマンション経営であれば家賃収入があります。
ところが何らかの事情により、マンションに居住する人たちがいなくなったとしたらどうなるでしょうか。
当たり前ですが毎月の収入に事欠くようになります。
そんな時でも不動産投資には強みがあります。
見切りをつけて、マンションを売却して、その売却益で利鞘を稼ぐというアグレッシブな手段が残されています。
捨てる神あれば拾う神ありということわざがあります。
まさに言い得て妙なる表現ということができます。
退職後に不動産投資を決心して、マンション経営に乗り出したのに、蓋を開けてみれば入居者が全くいないという状況はよく見られる光景です。
そんな時には、目先を変えて、マンションを売却してしまう 方法に切り替えることが必要です。
多少買い叩かれるかもしれませんが、それでも、このままズルズルと入居者のいないマンションを保有しているよりはマシです。
要は臨機応変に作戦を切り替えることです。

Page Top