前へ
次へ

築20年ぐらいの不動産物件への投資がおすすめ

マンションやアパート経営するなら、築年数が古い不動産物件は注目してみる価値があります。
その主な理由は、投資物件の価格です。
まずは投資物件を買う必要がありますから、初期費用は決して軽視できません。
あまり初期費用が大きくなってしまうと、回収するのも時間がかかります。
利益率にも関わってきますし、やはり物件価格は低いに越した事はないでしょう。
ところで価格は物件の築年数に左右される一面があります。
やはり新築の物件は、価格は高めになると見て良いでしょう。
新築ですと、購入価格は4000万円を超えてしまうケースも多々あります。
しかし築年数が20年を超えている物件の場合、かなり価格は低くなります。
20年以上の不動産物件ですと、1700万円台で買える事も多いです。
そうかと言って、30年や40年ぐらいの物件ですと、入居率が低くなる可能性があります。
ですから初期費用を抑えたい時は、築年数20年ぐらいの物件に注目してみると良いでしょう。

Page Top